人生儀礼 
安産成就  妊娠5ヶ月目の特に戌の日を選び神社に参拝して安産を祈願し、腹帯をします。
お七夜の祝い  生後7日目に行い、この日に名前を付けます。
初宮詣  生後男子32日、女子33日(地方によって異なる)になると初めて氏神様にお参りをしてお子様の成育の無事を御祈願いたします。
この日より氏子となり社会的に生まれた事が認められます。
お食初め  生後100日目を迎えて、人並みに食することの意義を悟り、祝いの儀式を行います。
初節句詣  生後初めての節句を無事迎えることを喜び、そして健やかなお子様の成長を御祈願いたします。
七五三詣  3歳で男子女子共に髪置のお祝い、5歳で男子が袴着のお祝い、7歳で女子が帯解のお祝いとして、11月15日の七五三祝祭日またはその前後の佳日に神社に参拝し、成長を喜び、将来の守護を御祈願いたします。
 十三詣  13歳になると十二支が一廻りしたことを祝い、神社に参拝いたします。
成人奉告祭
(成人詣)
 成人の日または20歳の誕生日等に神社に参拝して成人となった事を感謝いたします。これからの人生に於ける平安を御祈願いたします。
厄除(厄歳)  厄歳には大厄から小厄まであり、特に大厄の本厄・前厄・後厄の歳には、体調や精神面、また社会的な役割でも不測の災いが起こりやすいと伝えられております。
 日常の中で厄に当たる歳頃は、人の心の隙間をねらい災いを起こす悪神の力が強くなる時と重なり、心身の苦労や諸難が多く、病気になると重病、長病になりやすい歳として古来より忌み嫌われ、心静かに身を慎むべきとされています。
 厄除は悪神の力を抑制し、災難・災禍がないように御祈念するものです。厄除祈願を受け、心身共に清らかにし、明るく災いのない生活をお送りください。
●厄歳表
男 性 女 性
前厄 本厄 後厄 お礼参り
24歳 25歳 26歳 27歳
41歳 42歳 43歳 44歳
60歳 61歳 62歳 63歳
前厄 本厄 後厄 お礼参り
18歳 19歳 20歳 21歳
32歳 33歳 34歳 35歳
36歳 37歳 38歳 39歳
還暦等歳祝い  古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)等の節目に神社に参拝し、喜びと感謝の誠を捧げ、健康長寿を御祈願いたします。
結婚式  夫婦の契を結び平和な家庭を造り営むことを神様に誓います。家が隆昌し子孫が繁栄する事を御祈願いたします。
銅婚式(15年)
銀婚式(25年)
金婚式(50年
 結婚後このような節目に当たる年に神社に参拝し、誓いを新たに夫婦円満・家内安全を御祈願いたします。
 古来より日本人は、この世に生を受け、成長し、社会生活を営む上で、その節々に儀礼をもうけています。
 人生には様々な儀礼・お祝い事がありますが、その時にはまず近くの氏神様に参拝し、限りない御神恩に感謝致しましょう。
 年齢は数え年(誕生日前なら満年齢に2歳加え、誕生日後なら1歳加える)で考えます。