十一月行事予定
昭和2年に明治天皇の誕生日を記念し「明治節」が定められ、戦後は「文化の日」という国民の祝日となって引き継がれています。この日は、明治神宮を始め、各地の神社で明治天皇のご聖徳を仰ぐお祭りが行われます。
三日、明治祭 午前九時〜
七五三は、子供の無事な発育を喜び、なおいっそうの成長を願って、男の子は、3歳と5歳、女の子は、3歳と7歳、(いすれも数え年)が親と共に、氏神様(地元の神社)に参拝する行事です。古くは男女3才で髪置(かみおき)の祝い、男子は五歳で袴着(はかまぎ)の祝い、女子は7歳で帯解(おびとき)の祝いを行っています。
 さて、「三つ子の魂百まで」という諺があります。この年齢は人格が形成される肉体的にも精神的にも大変重要な時であります。中世以来、日本では赤ん坊は男女とも、たいてい頭を青く剃り、3歳になって初めて髪を伸ばす風習がありました。もう赤ん坊ではないという意味で、これを髪置きと呼び、白髪をかぶせ頂に白粉(おしろい)をつけ、クシで左右にすいてお祝いをしました。
 江戸時代になると、5歳になった男の子は、初めて袴をはき、袴着の祝いをしました。
7歳になった女の子は、これまでの紐付きの着物から、着物に帯をしめ、帯解の祝いをした。こうした祝いを重ね、子供は人として社会に認められるのです。(帯直、紐解ともいう)
 11月15日にお祝いを行うようになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)で、祝い事に最良の日であり、11月は秋の実りを神に感謝する月、旧暦の15日は霜月の十五夜で望月で、収穫感謝の祭りを行う大切な日であり、氏神様に収穫の感謝かたがた、子供の成長を感謝し、更なる御加護を祈ったのです。

 
「鎮火祭」は、当神社の古来よりの例年祭でございます。
その趣旨は、【火】は人間生活にとって、欠くべからざる非常に大事なものである反面、その取り扱いを誤る時は計り知れざる災厄をもたらすものため、古式に則り火を鎮め、同時に人々に感謝の心と共に深く戎めを呼び起こし、防火の祈願と合わせ、人々の幸を願うものである。
十五日夕刻、鎮火祭(ちんかさい)  午後六時〜

「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した二月十七日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると上もに、御自らも召し上がります。 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。 現在では「動労感謝の日」として、国民の祝日となっていますが、一説によるとその祝目名は、命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。

二十三日、新嘗祭(にいなめさい) 午前九時〜
十五日 七五三祝祭